2007年01月06日

CD“REIKI HEALING HANDS”ANUVIDA & NIK TYNDALL

日本の琴を思わせるKiboeの音色。


肇祖・臼井甕男先生が21日間の断食修行の末、

レイキを受け取られた、

鞍馬山の杉木立が脳裏に浮かびます。


わたしが初めてファーストディグリーの伝授を受けたときに、

このCDがBGMとしてかかっていました。


このCDを聞くたびに、

初めてレイキの世界にいざなわれた時の

あの感動がよみがえり、

いつも初心にかえります。


わたしのところでの初伝の伝授では、

このアルバムをBGMに使っています。


3分おきにチベッタンベルの合図が聞こえます。

西洋レイキの基本12ポジションヒーリング向きです。





(試聴可)
【関連する記事】
posted by このはなさくや at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。