2006年11月30日

「もっとうまく怒りたい!―怒りとスピリチュアリティの心理学」キャスリン・フィッシャー著

肇祖・臼井甕男先生の遺された「レイキ五戒」の筆頭に、

「今日丈けは 怒るな」と

怒りの毒についての戒めがあります。


これは怒りを抑圧しなさいという教えではなく、

むしろ、怒りを手なずけよという教えではないかと

わたしは見ています。


わたし自身を含めて、

女性は自分の怒りをあつかうのがとても苦手です。


怒ってないフリをしながら、

自分の中に怒りをためこんでしまう。

これはこころとからだの健康によくありませんね。


著者であるキャスリン・フィッシャー女史は、

女性の観点からの上手な怒りの手なずけ方を

この本の中で提案してくれています。




posted by このはなさくや at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。